--/--/--    スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/05/2008    足裏にあるほくろ除去



今までなかったところにほくろができたら気になりませんか?
目立つところにできて気になるという意味ではなく(それはそれで確かに気になりますが)
ほくろ自体に対する心配という事です。

なぜかというと、ほくろ良性であれば除去しなくても問題ありませんが、
稀に除去すべき悪性のほくろの場合があるからです。

ほくろのがんは「メラノーマ」と呼ばれています。
そしてこのメラノーマは、できやすい部位があるらしいのです。

それはどこかというと、「足の裏」だという事です。
もしも足の裏に急にほくろができたら注意した方がいいと聞くのは、根拠のある事だったんですね。
日本人のメラノーマの発症部位の統計をとってみたら、足の裏が全体の3割を占めたそうです。

なぜ足の裏なんでしょうか?
足の裏といっても土踏まずにはできないらしいんです。
という事は、体重による負荷のような物理的な刺激が長期にわたって繰返される事が関係するのかもしれませんね。
専門家の間でそういった考えもあるようです。

もしも足の裏に新しくほくろができた時には注意しましょう。
どんな点に注意すればよいでしょうか。
急激に大きくなって5ミリを超えるほどになったり、
形がいびつになったり出血したりしたら赤信号です。

そんな時にはメラノーマの可能性を疑い、早めに皮膚科を受診しましょう。
悪性のものであれば早期に除去する必要があります。

余談ですが、ほくろというものは良性のものがメラノーマのような悪性のものに変わる事は稀だといわれています。
悪性のほくろは、初めから悪性の細胞を持って発生するんですね。


スポンサーサイト
04/02/2008    ほくろ除去手術の痛み



ほくろを除去する為の手術って痛いんでしょうか?あんなに小さなほくろを取るだけの事でも、手術と聞くとなんだか怖いですよね。

でも手術を何回も受けた経験がある人であれば平気かもしれません。

たとえばプロレスラー。
プロレスラーは大変な職業ですよね。
特に通常のプロレスとは少し趣向が違う、
リングの周りに鉄条網を張って電流まで流した中での試合とか..。
もちろん格闘技が好きで、自分で志望してその世界に入った人ばかりだと思うので、
本人は苦にしていないのかもしれませんが。
それでも何度も重症を負ったり、骨折して金属のパイプでつなげたり、
体中に縫った跡も無数にあります。

そんな手術慣れ(?)しているような人であれば、
ほくろの除去手術なんて全然平気かもしれません。

でも考え方を変えたら、事故やなにかでケガをして手術をするのって、
突然の事で心の準備とかも関係ないですよね。
大怪我をすれば意識もないかと思うので、怖がっているヒマもないのかもしれません。

でもほくろの除去の為の手術は、しっかり段取りをしてスケジュールも決めて、
という形なので心の準備が必要です。
こういった計画性のある手術の場合は、
たとえ手術を何十回もしているプロレスラーでも緊張するのかもしれません(笑)

なんだか話がそれていますね(爆)

結論としては、ほくろを除去する為の手術は痛くありません!
なぜならどの施術であっても術前に局所麻酔をするからです。
あ、この麻酔の針を刺す時だけは痛いです。チクッ!とします。
でもこのチクッ!さえガマンすれば手術自体に痛みは伴いませんし、
術後もしばらくは麻酔が効いています。

それに麻酔がきれる前には消炎鎮痛剤を服用するので、
麻酔がきれた途端にのたうち回る事もありません。
どうぞ安心して手術を受けて下さい。




03/31/2008    ほくろ除去による傷跡



美容外科等で行われる代表的なほくろの除去法について、
術後の傷跡がどうなるかというお話をします。

切除縫合法を使って除去した場合には、
除去したほくろの3倍程度の長さの傷跡が残る場合があります。
ですが、横一直線に切るので、顔のシワと同化してしまえばさほど目立たないでしょう。

くり抜き法を使った切除を行った場合には、
ほくろの部位の皮膚を丸くくり抜く為に丸く凹んだニキビ跡のような傷跡が残る場合があります。
5ミリを超えるようなほくろにこの方法を使うと、傷跡ケロイド化する恐れがあります。
また、電気メスを使ってほくろを除去した場合には、傷が治るまでの期間が短く、凹んだような跡もあまり目立たないようです。
ですがこの方法は、浅く削れば再発の恐れがあり、逆に深く削ってしまうと傷がなかなか治らず、跡も残りやすくなります。

一方、メスを使わないレーザー治療による除去の場合には、
除去の直後は少し凹みが出るものの、くり抜き法ほど出血もありません。
傷跡も小さく済みますが、ケロイド体質の方や大きなほくろにはレーザーは適していません。
そういった事がなければ、レーザーによるほくろ除去は、傷跡が治った後が一番綺麗とされています。
一定期間をおいて、数回に分けてレーザーを照射するとさらに効果的なようです。
術後の跡はかさぶたのようになる事が多く、新しい皮膚ができた時点でかさぶたは自然に取れます。
ケガをした時のかさぶたと同じです。
無理に取ると肌に負担をかけるので、自然に剥がれるまでガマンしましょう。

かさぶたが濡れてしまわないように、水仕事や入浴の際にはガーゼ等を使ってガードしましょう。
そして除去後の跡にシミを作らない為には、紫外線対策は6ヶ月は続けた方がよいでしょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。